2018年10月22日月曜日

頑張っている人ほど、じつは必要なエッセンス

ここ最近はとても涼しくなり、
ありがたいことなんですが、体がついて行かなかったりして、
体調を崩している方がちらほら出てきているように感じます。

私自身も、今月の忙しさの山を越えて気が緩んだのか、
ホコリっぽい場所の掃除をしたからか、
先週末から喉のイガイガが発生してました。
このままヒドイ風邪に発展しないか心配。
けれど、休んではいられない。
症状の心配をしながらも、
こんな風に仕事をしていこうとか、
今後変化していきたい色々を考えていました。
きっと、みなさんもそうだと思います。

そんな時に、使ったのが
ワイルドフラワーエッセンスの『リボンピー』と
ホメオパシーのレメディである『アコナイト』です。
この2つを使って復活し、今元気にブログを書いています。

まず、『リボンピー』のお話から。
リボンピー(キングスパークにて)

この赤いお花のエッセンスは「何も恐れない勇気」です。
頑張っている人は、
「この努力が報われたらいいな」
「頑張っているけど、うまくいかなかったらどうしよう」
「上手くいかなくて悲しい思いをするかもしれない」
など、どんな人でも大なり小なり心配恐怖不吉な予感を心に抱くと思います。
何のために頑張るかというとより良く変化させたいと思うから。

変化させようとすると、時として自分が得ていたもの、手にしていたものを
手放さなくてはいけなくなります。
これは、思う以上に勇気が要りますし、今後の心配や恐怖を伴います。
本気で変えたいと思っている人ほど、それを強く感じると思います。

私自身、このエッセンスを飲んで心が落ち着き、
心配になっていた部分と、手放すのが怖かった自分の意識、固定観念に
気づけたので、具体的な方向性を見つけることができました。

このエッセンスの治癒特性は、
自分は安全であると感じる。恐れや不吉な予感を克服し、積極的な態度や
方向づけで、満ち足りた人生を送るために
恐れに対して選ばれるエッセンスなので、怖がりさんに飲んでもらうと良い
エッセンスです。

エッセンスは、その状況だけを見て選ぶのではなく、
その状況や出来事に対して自分自身がどのような感情を抱いているか、
認識しているかで選んでいきます。
ワイルドフラワーエッセンスは88種類のエッセンスがあるので、
沢山の中から選ぶのは大変だと思われるかもしれませんが、
コツをつかめば、ご自身で十分セルフケアに使えるものですので、
ぜひ興味を持っていただけたらと思います。
入門講座もやっていますので、お問い合わせください(*^^*)

2つ目は、『アコナイト』
ホメオパシーのレメディです。
インターネットで調べると色々出てくると思いますが、
欧米やインドなど、海外では当たり前に使われている自然療法の1つ。
イギリスをはじめドイツやフランス、インドなどでは医療として認められています。

数年前に、イギリスで購入したまま、使いこなせずに棚に眠っていたレメディキット。
ホメオパシーに関しては、私はプロではないですがセルフケアとしてだけでも
使いこなせたら素晴しく頼りになる自然療法だと思っています。
現在、密かに勉強中です( ..)φ

勉強中に喉のイガイガに良いと言われてた事を思い出したのと、
実はこのレメディ、
突然のショックや恐怖心の出る人に使う、とテキストにも書いてある!
心配や恐怖感って、不意に襲ってきたりしますもんね。

同じ治癒特性のエッセンスとレメディをちゃんと選ぶもんなんだなと、
改めて感心してしまいました。

やっぱり、心と体は繋がっていると実感した週明けです。
健やかな一週間が過ごせますように。

Pohala
〒663-8111
兵庫県西宮市二見町4-17-203
      HP》  www.pohala.info
       Email pohala.wfe@gmail.com
   《instagram》https://www.instagram.com/pohala.wfe/
《Online shop》http://pohala.theshop.jp

2018年10月8日月曜日

なぜ、いま、フラワーエッセンスが必要とされるのか?

1年以上前に、あるコンサルタントの方とお話しをさせていただく機会がありました。

なぜ私自身がフラワーエッセンスという自然療法をやろうと思ったのか?
なぜこれを必要だと思うのか?
どうして多くの人に知ってもらいたいと思うのか?
そう言ったことを、エッセンス自体のことだけではなく、
私自身の意思や考えを伝える必要があるよ、と言っていただきまして、
自分への宿題として書いた文章を、1年以上眠らせていました。

この度、改めて読んでみました。
時間が経っても、初心に戻れる文章が書けたと思いましたので、
ホームページのTOP画面に記載することに決めました。
これが私自身をパースまで飛ばせてくれた、
自分自身の人間的成長を促してくれる力強い助っ人に出会えた、
フラワーエッセンスに対して「これだ!」と確信した原点です。

ブログでもシェアさせていただきます。



人間性に価値が生まれる、これからの時代に

あなたは、自分のことをどのような人物だと考えていますか?
あなたは、どのように自分を表現していきたいと考えていますか?

私たちの自分自身に対する認識というのは、周りの環境(家庭環境、社会環境・立場、交友関係など)や第三者のからのフィードバック(他人からの評価)などによって作られていることが大半ではないでしょうか。

それでは、本当の自分らしさとは、どこにあると思いますか?

それはきっと、あなたが世の中に対してどのように自分を表現して生きていきたいか。
そこに集約されていると思います。

表現すること=クリエイションは、何もクリエイターという職業の人たちだけがやっていることではありません。
人生を色々な選択肢の中から選び取って生きること。
人が生きること自体がクリエイション。
すでに、みなさん自身がクリエイターなのです。

そして、どんなクリエイターでもスランプに陥ることがあります。
行き詰まったり、絶望したり、恐怖したりすることで、自分の表現をやめてしまうのです。
幸せな状況が、180度変わってしまったと感じることもあるでしょう。

しかし、このスランプは自分自身を成長・進化させてくれる、人生のとっておきのスパイスであると考えることができたら、乗り越えることができたら、果たしてどうなると思いますか?

あなたらしさは、どんどん加速していきます。

そうすると、どんな事でも自分にとって価値のある仕事となるのです。
年齢・性別など、全く関係ありません。
どんな事であれ、あなたが心からの表現によって生きていくことで、本当のあなたらしさを作り上げることができます。

そして何より、それこそがあなた自身と周りの幸せへと繋がっていきます。

Pohalaでは、あなたが抱える心(感情)に関する様々な問題を乗り越えるためにフラワーエッセンスという古くて新しい自然療法を用います。
フラワーエッセンスは、本当の自分らしさを生きるために大きな力を与えてくれる、力強い味方(ツール)です。
太古の昔からオーストリア、アボリジニの中で受け継がれてきた素晴らしい自然療法を使って、もっと本当のあなたらしさへ!


Pohala
〒663-8111
兵庫県西宮市二見町4-17-203
      HP》  www.pohala.info
       Email pohala.wfe@gmail.com
   《instagram》https://www.instagram.com/pohala.wfe/
《Online shop》http://pohala.theshop.jp

イベントが無事終了しました。

本日は連休最終日、夏が帰ってきたような良いお天気ですが、
風は爽やかで過ごしやすい良い気候ですね。

先日お知らせしていた2日間のイベント出展(大阪ヒーリングマーケット)が無事に終了いたしました。
台風の影響が心配されましたが、終日良いお天気で開催することができました。

まだまだ関西では認知度が低い自然療法フラワーエッセンスですが、
少しずつ知っていただける機会に恵まれました。
興味を持っていただき、セッションを受けてくださる方、
商品をご覧いただき、購入してくださる方が来場してくださり、
とても嬉しく思っております。
ありがとうございます^ ^


次回は、10月28日(日)@神戸ハーバーランド・スペースシアター
時間:10:30〜18:00
各線、神戸駅から徒歩5分のハーバーランドセンタービル地下1階で開催されます。
大きなイベントはこれが今年最後になるかと思います。
入場無料になっています。
次回は大きめのブースで出展になりますので、エッセンス商品も多数展示しようと
思っています。(ペット用エッセンススプレーなども!)

会場近辺には神戸煉瓦倉庫やモザイク、メリケンパークなどの観光スポットがありますので、秋のお散歩がてらぜひお立ち寄り下さい。

出展メニューは前回と同じで、
・エッセンス付きの30分花カード診断(¥3500)と
・10分の花カード体験(¥1000)
花カード診断後は、エッセンスの調合をいたしますので、セッション時間以外に少々お時間をいただきます、ご了承ください。
お時間に余裕を持って受けてくださると大変助かります。
メールにて当日のご予約も承っておりますので、ご希望の方はご連絡ください。
お待ちしております^ ^


Pohala
〒663-8111
兵庫県西宮市二見町4-17-203
      HP》  www.pohala.info
       Email pohala.wfe@gmail.com
   《instagram》https://www.instagram.com/pohala.wfe/
《Online shop》http://pohala.theshop.jp

2018年9月20日木曜日

10月のお知らせ

10月のイベント出展のお知らせです。

まず、1つ目は、
《大阪ヒーリングマーケット》
日時:2018年10月6日(土)~7日(日) 11:00~18:30
場所:大阪ドーンセンター
大阪市中央区大手前1-3-49 
アクセス:コチラ
入場料無料です。

2つ目は、
《癒しスタジアム神戸》
日時:10月28日(日)2018年10月28日(日) 10:30~18:00
場所:神戸ハーバーランド・スペースシアター
神戸市中央区東川崎町1-3-3 神戸ハーバーランドセンタービル地下1階
アクセス:コチラ
入場料無料です。


《メニュー》
あなたにぴったりのエッセンスを選ぶ
◎花カード診断(エッセンス付き)   
30分   ¥3.500

今のあなたの潜在的な感情を花に教えてもらう
◎花カード体験            
10分   ¥1.000

当日、一部商品の販売もいたしますので、ぜひお立ち寄りください!
セッションご予約も承りますので、pohala.wfe@gmail.comまでご連絡ください。
お待ちしています。

Pohala
〒663-8111
兵庫県西宮市二見町4-17-203
      HP》  www.pohala.info
       Email pohala.wfe@gmail.com
《Online shop》http://pohala.theshop.jp

2018年9月8日土曜日

ジャパニーズ・フラワーエッセンスの起源?

フラワーエッセンスの花療法というものは、世界各国に伝統療法・伝承療法として存在しています。
16世紀に活躍したパラケルススの著書の中にもその記載があったと言われています。
タイにある蓮寺では蓮の花を浮かべたお水を飲んで癒すということが行われています。
日本でも、地方では朝露のついた野菜を食べると健康になれると伝えられている地域もあるそうです。

世界的に何らかの形で花療法と類似した、民間伝承が伝えられている。
アボリジニの伝承療法であるワイルドフラワーエッセンスも、その1つです。

今月になって、自宅のカレンダーにとても興味深いことが書かれていました。
『重陽(じゅうよう)の節供と菊の着綿(きせわた)』ってご存じですか?
私も初めて目にしたので、書かれている内容をご紹介します。

【重陽】とは。
中国から伝わった陰陽説の考え方で、数字の奇数は「陽」偶数は「陰」とされていたそうです。「九」という数字は一桁の奇数で最も大きい数字で「陽の極まった数」としてめでたい重要な数字と考えられています。
九月九日は陽が重なることから「重陽の節供」と呼ばれています。

この時期は菊の花が咲く季節なので、別名「菊の節供」とも呼ばれていて、
宮中では、お酒に菊の花を浮かべた菊酒を飲んだそうです。
古来、菊には薬効や邪気を払う効果があると信じられてきました。
菊の花をお茶にして飲む菊茶も眼精疲労に効果があるとして、飲まれています。

【菊の着綿】とは。
平安時代、重陽の節供に行われた宮中行事。
九月九日の前夜、菊の花に真綿を被せ、翌朝の早朝に朝露を含んだ綿を菊から外し、
その綿で体を拭えば菊の薬効により健康と長寿を得るという行事だそうです。
紫式部の紫式部日記や清少納言の枕草子、その他古典文学のその記述が
残されているそうです。

蓮や菊と言うのは、花の中でも特に波動が高いと言われていたり、
何より、菊に関しては天皇家の家紋でもありますね。

菊の着綿はまさに、フラワーエッセンスを外用したものです。

明日は九月九日、重陽の節供です。
旧暦の重陽の節供は十月十七日。
その日はフラワーエッセンスで朝風呂に入っていただくといいかもしれませんね。


Pohala
〒663-8111
兵庫県西宮市二見町4-17-203
      HP》  www.pohala.info
       Email pohala.wfe@gmail.com
《Online shop》http://pohala.theshop.jp


2018年8月31日金曜日

9月のお知らせ

7月に引き続き、9月もイベントに出展いたします。





癒し・スピイベント『つながり』
日時:9月22日(土) 
   10:30~16:30
入場無料
会場:城東区民センター4階 
   中会議室
アクセスはこちら

《 メニュー 》
30分の花カード診断
 エッセンス付
          ¥3,500

全く初めてで、花カード診断とは一体どんなことをするんだろう?と興味を持っていただいている方に、
  10分程度の花カード体験 
          ¥1,000






難しいことは抜きで、その時のその方の潜在的な感情的問題を見ることができます。
花カード体験にはエッセンスはついてきませんが、フタをしていた感情を意識する
だけでも、ネガティブ感情は癒されます。
ぜひ体験しにいらしてください。

事前予約も承りますので、ご連絡ください。 事前予約

また、一部商品も販売いたしますのでフラワーエッセンス商品を手に取って、
触れてみたい方は、是非この機会にご来場ください。
クリーム・スプレーなどテスターもご用意しております。
関西ではフラワーエッセンス商品を取り扱っている場所が少なく、
実際に手に取って使っていただける機会が少ない。
また、イマイチ使い方が分からないとおっしゃる方も多いです。

フラワーエッセンスという素晴らしい自然療法に触れて、
体験して、実感していただきたい。
イギリスでホーム・レメディと言われているように家庭の常備品として
フラワーエッセンスを使っていただきたい。

Pohalaがイベント参加している意味は、そこにあります。
触れて、体験して、実感する、その第一歩の機会を提供したいという
考えで今回も参加させていただきます。

ご来場、お待ちしています。

Pohala
〒663-8111
兵庫県西宮市二見町4-17-203
      HP》  www.pohala.info
       Email pohala.wfe@gmail.com
《Online shop》http://pohala.theshop.jp



2018年8月29日水曜日

私の中のさくらももこさん(グランドファーザー)

もう一つの方、
トム・ブラウンJr.さんが書いた
『グランドファーザーが教えてくれたこと』(原題「The Quest」)
『グランドファーザーの生き方』(原題「Grand Father」)


グランドファーザーというのは、ストーキング・ウルフという名のリパンアパッチ族最後の長老のこと。
トムさんが出会ったころには、80歳くらいだったのではないかと書かれているので、
以前に私がブログに書いた「ダンス・ウィズ・ウルブス」の時代(西部開拓時代の後半)に子供時代を過ごした経験がある世代と予想されます。
「 The Quest 探求をやめなかった最後のネイティブアメリカン」という
かっこいい表題が表紙の横に書かれています。

グランドファーザーは晩年になるまで、文明社会と交わることなくスピリットの導きとビジョン(日本語では幻想とか訳されることがありますが、意味としては大いなるものから与えられる自分の今生の指針というか、目指すところという意味合いの方が強いと思います)に忠実に生き、自然と共存してました。
晩年になり自分が得たケアテイカ―(地球の世話人)としての生き方と自然と共存して生きるサバイバル技術をこの地の残そうと願った時、目の前に現れたのは7歳の白人の少年トム・ブラウンJr.さんだった。
ここから物語は始まって行きます。

トムさんがグランドファーザーから直接聞いた、彼の人生やその中での出来事が
まとめて語られているのが、『グランドファーザーの生き方』(原題「Grand Father」)です。

『グランドファーザーが教えてくれたこと』(原題「The Quest」)
私たちが散々鈍らせてきた五感、そして第6感。
全てを研ぎ澄ませて自然と調和して生きる、その中でサバイバルしながら生き延び、自分たちを育んでくれる自然の世話をするケアテイカーとしての生き方を教わります。
そして、さらにトムさんはグランドファーザーに文明社会から離れるのではなく、文明社会と交流を持ち、その知恵と技術を伝えて行くことを託されます。
そうしたトムさんの自叙伝がこの本に記されています。
現在トムさんは、この知恵と技術を伝えるためにトラッカー・スクール(サバイバルのための学校)を作り、現代に伝えています。

なんと、さくらももこさんはトムさんの本に感動し、アメリカのトムさんのスクールに入学した経験があるようです。
私は2016年にサウスダコタのネイティブアメリカン・ラコタ族(スー族)の居留地に滞在させていただけるご縁があり、その時にこの本のことを教えてもらいました。
私自身とても心動かされたので、現地まで行って入学したさくらさんの行動力は素晴らしいなと感動しました。

心を込めて書かれたさくらさんのイラスト入りのトムさんの本。
この本を読むだけで、自分の視線が以前よりも驚くほど遠くまで届くようになったし、
それに伴って視野は広く奥深くまで広がりました。

ネイティブアメリカンの有名なことわざ。
『 Only when the last tree has been cut down,
                the last fish been caught,
             and the last stream poisoned,   
      Will we realize we cannot eat money.     』

日本も含め、世界中に政治・経済・教育・環境など様々な、
人間自身が作り出してしまった問題がたくさんあります。
このことわざ通りに、今まさになろうとしている私たちの世界。
そんな中で、この本は
自然と、
宇宙と、
地球と、
人間と、
その兄弟たち(他の生き物)と、
破壊しあうのではなく、共に調和をもって暮らしていく
ヒントを与えてくれます。

少々分かりづらい部分があるかもしれません。
私自身も、内容全部をくみ取れているとは思えない。
けれど、読んだ方がそれぞれ心動かされたポイントというのが、
きっとその方のコアの部分に何かを残してくれると思うんです。
それに、さくらももこさんのイラストが親しみやすくしてくれています。

一人でも多くの人にこの本が読まれることを祈って。
                           おわり

Pohala
〒663-8111
兵庫県西宮市二見町4-17-203
      HP》  www.pohala.info
       Email pohala.wfe@gmail.com
《Online shop》http://pohala.theshop.jp

頑張っている人ほど、じつは必要なエッセンス

ここ最近はとても涼しくなり、 ありがたいことなんですが、体がついて行かなかったりして、 体調を崩している方がちらほら出てきているように感じます。 私自身も、今月の忙しさの山を越えて気が緩んだのか、 ホコリっぽい場所の掃除をしたからか、 先週末から喉のイガイガが発生して...