2017年10月29日日曜日

『ドリーム』Hidden Figures

以前、私がバッチフラワーレメディを学んだシャンドゥルールのyokoko先生が出してくれた課題に映画をみて、その映画全体の持つ印象にあったエッセンス、それぞれの登場人物にあったエッセンスを書いて提出するというものがありました。
実はこの課題、私にとって1番楽しい課題でした。

以前から、自分自身の勉強と、ブログを読んでくださる方にフラワーエッセンスのそれぞれの特性を知っていただく為に、どんな方法がいいかと考えていたのですが、私は映画を見るのが大好きで、それだったら課題のように大好きな映画とフラワーエッセンスを合わせて紹介できたらと思い、今回は第1弾として、映画『ドリーム』を紹介しようと思います。
エッセンスを紹介するにあたって、映画の内容がネタバレになってしまうと思うので、まだ見ていない方は映画鑑賞後に読んでくださいね。



1961年、東西冷戦下でアメリカとソ連が熾烈な宇宙開発競争を繰り広げている時代。
そんな時代にNASAで黒人のしかも女性が働いていたとは、全くしりませんでした。

メインの登場人物は、この3人
インターネットからお借りしました
右のキャサリン(タラジ・P・ヘンソン)
幼い頃から数学の天才少女と見なされてきた。黒人女性として初めてハリソン(ケビン・コスナー)率いる宇宙特別研究本部に配属される。

中央のドロシー(オクタヴィア・スペンサー)
リーダー格で管理職への昇進を希望しているが、上司ミッチェル(キルスティン・ダンスト)に「黒人グループには管理職を置かない」とすげなく却下されてしまう。

左のメアリー(ジャネール・モネイ)
技術部への転属が決まりエンジニアを志しているが、黒人である自分には叶わぬ夢だと半ば諦めている。


写真はポスターだと思うのですが、すごくかっこいい。
GENIUS HAS NO RACE
COURAGE HAS NO LIMIT
STRENGTH HAS NO GENDER
本当にその通りですよね。

この3人がNASA(白人男性社会)において、家庭を持ちながらも、自分の能力を発揮して有人ロケットの打ち上げ計画に奮闘する実話が基になったお話です。

映画全体の印象として、1つ思い浮かぶエッセンスは、
夢と希望を現実化するためのエッセンスであるウーリーバンクシア

たとえ困難にもがき苦しんでいても、意気消沈することなく、徐々にでも理想に向かって進みたいという願望を再燃するためのエッセンス。

人生の重荷が多く、重すぎ、自分の心に描くゴールに達することができないのではと感じて行き詰ってしまったときに力を与えてくれます。

能力や夢があっても、黒人であること、そして女性であることは彼女たちの能力を発揮することを邪魔する壁であり、重荷だったと思います。
そんな中、知恵と努力をもって自分たちの能力を発揮して周りに認められていく彼女たちの賢さはこれからを生きていく私たちに一つの見本を見せてくれているのではないかと感じました。

戦うのではなく、知恵を使って生きていく。
対立するのではなく協力する。
それが、この映画全体を通しての印象でした。


キャサリン
ロシアに有人飛行で先を越されていた当時、NASAは大変追い詰められた状況でロシアに追いつけ追い越せで1分1秒を争う状態。
そんな中、彼女は本部に配属されることによって、有色人種専用棟である西棟から白人が働く東棟で働くことにまります。当然東棟には有色人種が使っていいトイレはなく、毎回遠く離れた西棟のトイレまで往復しなければまりません。
彼女が1日のうちトイレのために度々席を外すことを上司に理解されないこと、成果を出したいけれど、同僚からまともな情報がもらえないのでちゃんとした結果が出せないこと。

この状況で思い浮かぶエッセンスはスネーク・バイン
たとえ周りすべてが悪意や疑念に満ちていたとしても、物事を達成するための自信と正しい認識を取り戻すことに力を与えてくれるエッセンス。

柔軟性をもって、できる限り自分の能力を発揮した結果、彼女は能力を認めてもらい、さらには周囲から信頼を得ることができるようになります。






メアリー
技術部門に配属され、エンジニアを志していますが、エンジニアになるためには指定された学校で所定の授業を受けなければなりません。
白人しかいない学校へ行き、男性しかいないクラスの授業を受けることが条件なのです。

彼女で思い浮かぶエッセンスはスターツ・スパイダー・オーキッド
直接的な手段と率直さのエッセンス。
難しい人や状況に対して、優しさを保ちながらも、結果を恐れず、きちんと結果を出すやり方で対処することを学ぶために力を与えてくれます。

彼女はまさに直接的な方法で問題を解決し、自分の能力を示し計画に貢献することができました。
エンジニアになるためのクラスを黒人女性が受けることは、前例のないこと。 自分の熱意を伝え、自分を前例として受講許可を出してほしいと裁判所へ出向きます。
真っ向から権利を主張して戦う方法ではなく、裁判長の生い立ちや経歴を調べ、そして彼自身をリスペクトした上で自分の熱意を伝え、どうか自分を前例として、エンジニアになるチャンスを与えて欲しいと訴えます。
そんな彼女のやり方が、裁判長の心を解いてチャンスを得ることができたんですね。


ドロシー
キャサリンやメアリーが出世していく中、面倒見が良いドロシーは、管理職が居なくなった西計算グループの管理係のようなポジションにいました。彼女はNASAで働く黒人女性の同僚全体のポジションを守りたいという思いがあり、あきらめずにその道を模索し続けます。
ちょうどそのころ、科学技術計算用としてIBMのコンピューターが導入され、彼女はこっそりとコンピューターのプログラミングを勉強し、同僚たちに教え始めます。
このコンピューターが起動すれば、計算係は必要なくなり、自分を含め計算手の人員は一気に職を失うことになるからです。

彼女を見ていて、思い浮かんだエッセンスは、ジャラルトン・ワックス
反対意見や強制、威圧を受けても、自分の強さを持ち、自分の立場に立って、決して妥協しないことを学ぶのに力を与えてくれるエッセンス。

上司から管理職への道を却下され、自分たちの職が無くなる危機に直面しても、逆境に負けずにみんなが生き残れる道を模索し続けた彼女の姿から、このエッセンスが浮かびました。






また、始めに紹介したウーリーバンクシアと共に、映画のイメージとして浮かんだのは、
スター・オブ・ベツレヘムです。
すべてが不可能に思われるような状況の中で、新しい思考に抜け出すためのエッセンス。

アメリカ初の有人飛行を成功させること、そしてそのプロジェクトで黒人女性が活躍すること。
何度も失敗し、障害がたくさんあった中、希望と創造的解決を意味するこのエッセンスは、ウーリーバンクシア以上に、この物語を現しているエッセンスかもしれません。





長くなりましたが、共感できるシーンや登場人物はいましたか?
これ使ってみたいとか、必要だと感じたエッセンスはありましたか?
映画の中には、他にも様々なシーンや登場人物がいて、それによって思い浮かぶエッセンスも違ってきます。
あと、見る人の視点の違いでも、私が選んだものとは違うエッセンスが出てくると思います。

こんな感じで、時々、少しずつ紹介をしていきたいと思います。
手軽に使えるフラワーエッセンスなんですが、各々のエッセンスの特性や使い方など、知らないと少しとっつきにくくて、使い方が分からないことが多いと思います。

ざっくりとワイルドフラワーエッセンス全体を知ることができる1Day講座や、しっかりと学びたい方にさらに詳しく学べる講座を提供すべく、現在奮闘中です!

また、準備ができたらお知らせしたいと思いますので、興味のある方は是非ご参加ください。

                                       ひろえ

Pohala
〒663-8111
兵庫県西宮市二見町4-17-203
      HP》  www.pohala.info
       Email pohala.wfe@gmail.com
《Online shop》http://pohala.theshop.jp


 




0 件のコメント:

コメントを投稿

頑張っている人ほど、じつは必要なエッセンス

ここ最近はとても涼しくなり、 ありがたいことなんですが、体がついて行かなかったりして、 体調を崩している方がちらほら出てきているように感じます。 私自身も、今月の忙しさの山を越えて気が緩んだのか、 ホコリっぽい場所の掃除をしたからか、 先週末から喉のイガイガが発生して...