2019年7月17日水曜日

テロメアという名の保護キャップ

久しぶりの投稿になりました。

最近読んでいる本に紹介されていた、ストレス反応についての研究をご紹介します。

私たちの物の考え方・感じ方(心の反応)が身体のストレス反応に驚くほどの
影響力を持っていることがわかったそうです。

そもそもストレス反応は、外敵からの攻撃や危機回避など私たち自身を守るために
進化したもので、大昔では滅多にない一時的なものでした。

けれど、現代人の生活は、それとはまた違った性質の絶え間ないプレッシャーに
さらされていて、不規則でめまぐるしい。
ストレス反応が、絶えず活性化されている状態といわれています。

その絶え間ないストレスがテロメアと呼ばれる、
私たちの細胞を病気や老化から守るDNAのキャップを疲弊させていることが
発見されたそうです。(どんどん短くなって行ってしまう)
また、ストレスだけでなく、私たちの思考パターンもテロメアに影響を与えるようです。

ダライ・ラマは、
「ストレスや不安は往々にして、期待し過ぎや野心を持ちすぎることから生じます」
と言ったそうです。
期待を果たせない、野心を達成できない時に苛立ちを感じる。
野心満々というのは、あれが欲しい・これが欲しいという自己中心的な態度だと
言います。
自分自身の能力や客観的な現実を直視して、明確に把握し、自分の努力を現実的に
捉えることで目標を達成するチャンスがずっと広がる。
(けれど、非現実的な努力は災いをもたらすとも言います。)

LiFEアカデミーのプラクティショナーコースでも、まさにこのことを
学びます。
そもそもストレスや不安を起こす原因をちゃんと認識することと、
それに対する捉え方を変えていくということです。
ストレスや不安を抱え、波立つ感情の中で客観的な視点を持つことは難しい。
そこで、フラワーエッセンスの出番となり、波立つ感情を穏やかに癒して、
客観的な視点を持てるよう促してくれる。

そうすることで、テロメアの長さが保たれ、体の病気になりにくいし、
喜びのある生活を送れるということになりますね。

テロメアは長すぎると、また逆に癌になりやすいとのデータもあるようです。
長ければ長い方がいい、というわけではないのですね。
何事もそうですが、適度なストレスは必要で、そのバランスや全体としての
調和が大事だと教えてくれているような気がします。

 Pohala
      HP》  www.pohala.info
       Email pohala.wfe@gmail.com
《Online shop》http://pohala.theshop.jp

4.ブルー・チャイナ・オーキッド

ワイルドフラワーエッセンスの紹介、第4弾は、 『ブルー・チャイナ・オーキッド』です。 花の特徴 西オーストラリア南西部の固有種で、大抵はブッシュの中にまばらに咲きます。 美しい藍色をした5枚の花弁が毛深い茎から出ます。 この花も他の種と同様に、山火事が...