2020年7月1日水曜日

4.ブルー・チャイナ・オーキッド

ワイルドフラワーエッセンスの紹介、第4弾は、
『ブルー・チャイナ・オーキッド』です。



花の特徴
西オーストラリア南西部の固有種で、大抵はブッシュの中にまばらに咲きます。
美しい藍色をした5枚の花弁が毛深い茎から出ます。
この花も他の種と同様に、山火事が山林を焼き尽くした後に繁茂します。
花の大きさは2〜5cm、高さは4〜15cmで、9月から10月に開花します。


この花のエッセンスのタイトルは【自制する意志力を高める】
自分の内面い焦点を合わせ、意志を強くして自己抑制を取り戻すためのエッセンス。

残念ながら、私はこのお花の実物は見たことがないんです。
またいつか見れたらなと思っています。

今回はこの花の綺麗で清々しい青色に注目してみます。
青色ってどんなイメージがありますか?
ポジティブなものでは、冷静(落ち着き)・集中・穏やか、堅実など。
他にも色々あると思います。
後、この花の花弁にまっすぐな縦線が見て取れます。
スッと伸びやかに見えて綺麗ですよね。
これは自制の意志の強さを表現しています。

この青や、花弁のまっすぐな縦線、山火事で焼き尽くされた後に繁茂する力強さ。
そこには、新生する・意志の強さ・変化を乗り越えるような姿が映し出されているように思います。


この花の問題点キーワード(こんな状態に陥っている時に使うとピッタリですよ、というワードです)が、中毒・耽溺(夢中になって溺れてる)・弱い・圧倒される、というものが挙げられます。

・決まり切った癖を繰り返す
・悪習慣(タバコなどが分かりやすい)
・ある行動パターンに取り憑かれてしまって苦しい など。

分かりやすい例として、ずいぶん前にお会いしたことのある男性が、
「本当は僕もパースに行きたいんですけどね。
今は直行便が無くて、乗り換えが必要でしょ?
ヘビースモーカーなんで、直行便がないと行けないんですよ。」
とおっしゃってました。
お会いした当時は、以前あった日本からパースの直行便が無くなってしまっていた時期なんです。(去年9月から直行便が復活しました)

こういう方に是非使っていただきたいエッセンス。
悪習慣って、本当にたくさんあると思います。
「コロナ太り」という言葉もメディアで言われますね。

自分の自由を妨げる行動パターン打ち破って、前向きに進んで行きたいですね。



88種類の花レシピでは、こんなふうにそれぞれの花の特性を1つ1つじっくりと一緒に感じて学んでいく講座になります。



 Pohala
      HP》  www.pohala.info
       Email pohala.wfe@gmail.com

0 件のコメント:

コメントを投稿

5.ブルー・レショノルティア

ワイルドフラワーエッセンスの紹介、第5弾は、『ブルー・レショノルティア』です。 花の特徴 別名「初恋草」。西オーストラリア州南西部を中心に26種類が分布しています。 高さ30cm程の多年草です。 地面を放射線状に伸びた枝の先端に花をつける状態が、花輪のよ...